引っ越しの荷造りで気をつけるべきこと

引っ越しの荷造りで気をつけるべきこと

きれいに暮らす大チャンス

今暮らしている部屋、住宅内部にモノがあふれてもう手が付けらえない状態、という人は、引っ越しこそ、ものを整理する大きなチャンスとなります。
暮らしている部屋を見回してみてください。

そこに利用していないものがあふれていませんか。
使おうと思った小物、着ようと思った安売りのTシャツ、利用しなかった靴ひも、洋服、雑貨、実際生活の中で利用している物って、本当に一部でしょう。

引っ越しするとき、今ある荷物をそのまま荷造りするのではなく、必要なものと必要ないものにどんどん振り分けて、必要だと思うものだけ、新居に運ぶようにしましょう。
引っ越しというこの片付けの大チャンスをしっかり活かしてください。

荷造り前に振り分けしておく

荷造りを行う前に、捨てるもの、捨てないものを振り分けたいので、部屋にあるものをある程度メモします。
キッチン、居室、玄関、バスルームなど各部分にわけて捨てる、捨てないリストにどんどん書き込みます。

キッチンではフライパン、鍋というように個数と物の名前を書いていきます。
居室では洋服や家電製品、雑貨などを振り分けメモにしておきます。
こうしてリストをまとめたら、捨てるものをまとめ、箱に入れておきます。

不用品回収サービスを利用してもいいですし、近くにごみ処理場などがあれば、持込で捨てに行ってもいいでしょう。
産廃業者さんならキロいくらで不用品を処理してくれます。
それほど大きな金額にならないので、業者さんを依頼する方が面倒もありません。

大きなものは専門業者に依頼する

ピアノなどの特殊なものは、専門業者がいますのでそういう業者に依頼した方が安心です。
そのほか大きな荷物は運ぶことに慣れている引越し業者に運んでもらう方が、傷もつくことがないのでしっかり運べます。

引っ越し業者さんが迷わないように、ダンボールにキッチン1、キッチン2、バスルーム、リビング1というように番号を振っておくと親切です。
荷物を整理する前に、ホームセンターなどでダンボール、ガムテープなど購入しておくといいでしょう。

引っ越しした当日から利用したいものもありますので、そこには当日利用すると書いておきましょう。
貴重品やお金の管理は、自分で行う方がトラブルが起きにくく安心です。
また、引っ越しの際、荷物の出し入れ、積み込みは必ず立ち会ってダンボールの個数など確認する方がいいでしょう。