【福岡】朝倉に住むメリット・魅力

福岡県のちょうど中心に位置する朝倉市

福岡県域のちょうど中心部に位置しているのが朝倉市です。
位置的には福岡市中心から太宰府市までつないだ直線をさらに南側に延長させた先にあるというとわかりやすいでしょうか。

朝倉市内には甘木鉄道というJR基山駅~甘鉄甘木駅をつなぐ線が走っており、他に久留米市から路線が敷かれている西鉄甘木線があります。
この2つの甘木駅は別の場所に存在していますが位置的には近いところにあるので乗り換えや乗り分けはしやすいと言えます。

福岡県内の観光名所としては比較的地味な方である朝倉市ですが、有名な観光スポットとしてはまず市内で大きな面積となっている甘木公園があります。

甘木公園内には珍しい像や遊戯施設があることから、地元の人たちからの散歩用によく使われています。
中央に大きな池があることから景観の美しさには定評があり、春先の桜の咲く季節には県内外からたくさんのお花見客が訪れます。

また秋月城跡や朝倉三連水車といったものも有名で、古くからの住宅地として歴史を紡いできた土地であるという面影を市内のあちこちから感じることができます。

アクセス環境はよくないものの自然環境は豊富

朝倉市はもともと住宅地として発展した街ではあるものの、現在は人口密度も低く街として大きいとは言い難い状況です。
隣の太宰府天満宮のような全国的に有名な観光施設があるわけでもないので、全体として目立たないと言ってもよいです。

どちらかというと福岡市内へ通勤通学をする人のためのベッドタウンとして機能している面が強く、賃貸物件の数は探すとかなり見つかります。

家賃相場は相当安く、ワンルーム~1Kくらいの物件ならば4万円台前半、よく見れば3万円台からも十分に探すことができます。
また家族向け物件が非常に安いということも特徴的で、3部屋以上の物件でも5万円以内で入ることも可能となっていることからファミリー世帯で朝倉市に住み福岡市内に通勤をするという人も多く見られています。

住宅あたりの敷地面積では福岡県内トップ5に入るほどなので、より広い家に住みたいという人にとっては朝倉市は重要な候補となります。

福岡県内には数多くの観光名所があるものの朝倉市はそうした大きなものがないということが逆に特長と言え、落ち着いて地元で生活をしたいという人におすすめの都市となっています。

観光客がそれほど多く訪れないということはそれだけ地元密着型のライフスタイルが形成されているということなので、地域住民の連帯意識は強く防犯面に強みを発揮します。
地元に温泉があるというのも嬉しい点で、原鶴温泉は女性に嬉しい美肌の湯なので日常的に利用をするという楽しみがあります。