【福岡】太宰府に住むメリット・魅力

福岡県の観光都市である太宰府に住む

福岡県太宰府市といえば、九州でも有数の観光名所太宰府天満宮があることでよく知られている土地です。
太宰府市は福岡市中心部から東南方向にある市で、西日本鉄道の太宰府駅を中心に市街地が展開しています。
太宰府駅からすぐ近くには太宰府天満宮があることから、駅には年間を通して多くの観光客が訪れます。

市街地の中心となっているのはこの太宰府駅から大宰府天満宮までをつなぐ間の道で、国道35号線を含む四角く囲まれた通りの内部に数多くの店や住宅があります。

太宰府天満宮は全国的に知られる学問の神様である菅原道真公を祀っているわけですが、その影響もあってか太宰府市は全体的に学力が高く、学業に力を入れる世帯が多く集まっています。

福岡市中心地からかなり距離があるということもあり、街中は閑静な住宅街となっておりファミリー世帯や長く地元に住んでいる人たちを多く見かけることができます。

なお太宰府市内には筑紫女学園大学や福岡国際大学、九州情報大学など複数の大学があり、単身で学校に通うために住む世帯の数も少なくありません。

家賃はかなり安く住環境も良好

太宰府市は歴史の長い都市ですが、現在は福岡市のベッドタウンとして機能をしています。
福岡市内中心部に電車で移動をするのも約30分くらいなので、市内都心部ではなくもう少しのんびりとした環境で暮らしたいという人にとっては太宰府市はとてもおすすめです。

福岡県内でよく比較をされるのが大野城市や春日市ですが、それらと比較して落ち着いた雰囲気があるということで選ぶ人も多いようです。

太宰府駅周辺には生活に必要な中規模なお店がいくつもあるので特に生活に苦労をするということはないのですが、太宰府駅が終点であることから行き先が福岡市内しかないというところがちょっとしたネックになってきます。

福岡駅を目指す場合には二日市駅で下りて乗り継ぎをする方法で時間を短縮できるのですが、それがちょっと面倒に感じてしまうかもしれません。

とはいえ家賃相場は相当安く、ワンルームならば4万円台からかなりよい物件を探すことができますし、3部屋以上ある大きな物件でも7万円程度の家賃で入れます。

生活面の利便性で比較するなら太宰府市以外の場所でも十分によいのですが、身近に太宰府天満宮があるということによる周辺の雰囲気のインパクトは強大です。

太宰府市内には新たに九州国立博物館ができたり、観光名所である太宰府天満宮宝物殿があったりしますので、休日の散策にも適しています。

なぜか日本国内よりも海外、特にイギリスから人気が高い「住みたい都市」の一つとなっているのが不思議な街であるのもまたこの太宰府市の特長です。