【福岡】宗像に住むメリット・魅力

海沿いの景色が美しい宗像市

福岡県宗像市(むなかたし)は、福岡県北部にある海沿いの市です。
福岡市の中心部からは国道495号線を海沿いに、もしくは国道3号線をJR鹿児島本線に沿って北上するとやがて宗像市内に入ります。

市の北部にある海岸線から臨むのは玄界灘で海を隔てた向こうには大島が見えます。
かつて世界文化遺産の国内候補にもなった宗像・沖ノ島と関連遺産群がある場所としても知られており、名産品としても数多くの海産物の加工品があります。

福岡県内でも海岸線は住宅地として非常に人気が高いのですが、宗像市の住宅地も海岸方面に多く見られており市も若い世代を誘致するために子育てに関する支援をかなり手厚く行っています。

家賃相場がかなり安いということも特長の一つとなっており、福岡市内にあえて住まずに郊外で安く広い家に住むために宗像市を選ぶという人も多く見られています。

ただし地方都市であるということから車を所有していない場合にはっちょっと生活に不便を感じてしまうこともあるかもしれません。

駅周辺には大型商業施設も多くあります

宗像市内にある駅はJR鹿児島本線の東郷駅、赤間駅、教育大駅です。
このうちもっとも駅前が発展しているのは赤間駅で、複数の商業施設が複数のビルで作られていることから生活の中心として機能しています。

赤間駅からは乗換なしで博多駅まで乗ることが可能となっていますが、所要時間は約35分で運賃も片道で650円(2017年時点)なので、決して移動がし易い範囲であるとは言えません。

宗像市の生活雑貨の買い物の中心地となっているのは赤間駅すぐ近くにある「くりえいと宗像」で、敷地内には数多くのテナントが商店街のように軒を連ねています。

ショッピングだけでなくイベント施設や医療関連施設もあるので、より便利に生活をするならやはりこの赤間駅周辺を選ぶことがおすすめとなります。

宗像市の海沿いには神湊(こうのみなと)海水浴場を始めとする複数のレジャースポットがあるので、マリンスポーツが好きな人やアウトドアを趣味にしている人にとってはとても便利です。

福岡県内のビーチでもこの神湊海水浴場は非常に景観に定評があり、遊泳だけでなくバーベキューやカフェランチにも多く使用をされています。
位置的には東郷駅から車でわずか16分の距離なので住居地選びのときにも参考にしておきたいところです。

海沿いには高層マンションもかなり安く分譲販売されているので福岡市内とはまた違ったリゾート的な雰囲気のあるオーシャンビューのあるマンションを購入したいという人にとてもおすすめできます。

教育大学駅は文字通り福岡教育大学を目の前にしている駅なので、近くには単身者向けのアパートが数多くあります。