【沖縄】那覇に住むメリット・魅力

国内リゾートナンバーワンの土地に住む

沖縄はここ数年の間にブームになった地方移住の転居先として、大人気になった土地です。
国内リゾート地としてナンバーワンの人気の場所であることから、早めに仕事をリタイアして沖縄でのんびり暮らしたいという人もかなりいることと思います。

昔から観光都市として発展してきた沖縄では、都市部へのアクセス環境が良好で、市内の移動も公共交通機関を使って便利に行うことが可能です。

中でも沖縄内の移動で大きな力を発揮しているのがモノレールです。
モノレールができたことで自動車を所有していなくても市内へ買い物に出かけることができるようになったので、地方都市にありがちな「自動車の維持費が生活費を圧迫してしまう」ということを避けることができます。

とはいえモノレールは那覇市内全域にくまなく走っているというわけではありませんので、もし自動車なしでの生活を考えているならモノレール駅の付近の物件から選ぶのがおすすめになります。

モノレールができたことにより、那覇周辺に新興住宅地ができてきていますので、そうしたところを選ぶことで住みやすい新しい建物に入居をすることができるでしょう。

那覇市は人口31万人と、全国的に見て決して人口の多い都市ではありません。
ですが都市としての歴史や政治・経済の構造は他の主要都市に全くひけをとらず、文化的な生活を期待することができます。

緩やかな丘陵と温暖な気候

沖縄と言えば、世界でも有数の美しい海に囲まれているということでも知られています。
沖縄本島周辺にある離島には世界的に有名なダイビングポイントもあり、そんな美しい景色に囲まれながら生活をするというのはとても楽しみなことでしょう。

また生活圏としての沖縄は緩やかな傾斜をした平野部に、亜熱帯の温暖な気候という非常に恵まれた環境となっています。

年間を通じての気候変動としては8月に訪れる台風が少々気がかりですが、その他は暖かく冷暖房費が多くかかることはありません。

そのため高齢者が終の棲家として住宅を作るということにもおすすめです。
観光地として有名な「首里」などは、かつての琉球王国の遺跡が数多くある場所ですが、ここ近年では住宅地としての開発が進んでいます。

観光客向けのお店だけでなく、地元の人のためのスーパーなど便利なお店が郊外に多くできており、住みやすい環境がどんどん整えられてきています。

首里周辺は高台にあるので自然災害にも強く、住宅から沖縄の街並みや海岸線を眺めることができるという絶好の場所です。

最初に説明したモノレールも首里を通っているので、今もっともおすすめできる都市ということができるでしょう。

人口を維持するために自治体の補助金制度などもあるので、都心部に仕事を持ちつつ住宅地として生活するのもおすすめです。