【大阪】難波に住むメリット・魅力

大阪市内でも有数の人気エリア

大阪市内でも特に住居エリアとして人気が高いのが難波です。
「なんば」とは大阪市中央区にある町名ですが、実際にはその範囲は非常に曖昧で地元ではなんとなく駅に近い北側の区域を「梅田」といい、その南側にある繁華街を「難波」と呼び分けています。

具体的には南海電気鉄道の難波駅をはじめとする大阪市営地下鉄の難波駅、近鉄難波線の大阪難波駅、そしてJR関西本線の難波駅それぞれの周辺エリアということになります。

初めて大阪を訪れる人にとっては難波方面は非常にごちゃごちゃしていてわかりづらいのですが、慣れてくるとこの町並みこそが難波らしい特長であるためより大阪らしい大阪というものを感じることができます。

大阪名物として有名なグリコの大型ネオンや道頓堀の両脇を挟むようにして立ち並ぶビル群などもこの難波エリアに含まれるので、住居地とすることで大阪の中心にそのままアクセスをすることができることになります。

観光名所という印象も強い大阪・難波ですが、地元の人達向けの商店街も非常に充実しています。
飲食店はもちろんのこと、大阪の台所とも言われている黒門市場や千日前道具屋筋商店街といった日用品を安く扱うお店があちこちに営業をしています。

大型商業施設で買い物をするときとはまた違った大阪らしい買い物をすることができる場所なので、住む時にはぜひ積極的に利用をしてみてもらいたいです。

安い物件は設備も古いので注意

古くから地元密着の土地として発展してきた難波エリアなので、賃貸向け物件の数もかなりあります。
新しく最新設備が整えられている大型ビル・マンションももちろんありますが、その一方で裏路地に入ったところに古い住宅も多く残されています。

そのため価格帯はバラバラで、同じ広さの物件でも数倍も違いが出るということもあたりまえにあります。
しかし安い物件はそれなりの理由があり、非常に築年数が古いものになるとバス・トイレ共同など一人暮らしをするにはかなり厳しい場合もかなりあります。

古い物件は当然に防犯面でも危険が増すため、新たに入居するなら多少家賃は高くなってもそれなりにしっかりした設備のところを探した方がよいでしょう。
一応の目安となるのがワンルーム~1Kくらいの間取りで家賃6万円台からで、それ以下になると相当狭いか古いかと思ってください。

難波エリアは全体的に商業施設が充実しており、それなりに競合もあるので生活全体にかかるコストはそれほど高いわけではありません。
駅前周辺は夜でも開いているお店が多いので、仕事で夜に帰宅をすることになる人にとっても安心です。

生活面だけでなく映画館や飲食店など娯楽施設もかなり周辺に多いので、学生など友人同士で遊ぶことが多い人にとっても便利な場所です。