【大阪】高槻に住むメリット・魅力

都市部から離れた閑静な住宅街

関西圏の中心都市大阪府にあって、郊外の閑静な住宅街として広く知られているのが高槻市です。
大阪府内には4つの中核市があり高槻市もその中の一つに含まれています。
地理的には大阪府三島地域に属しており、大阪市からは北東の方向に位置しています。

高槻市からさらに北東方向に向かうとそこはすぐ京都市となっているため、生活圏も非常に京都と近いものとなります。
距離的にはJR高槻駅から大阪駅と京都市内までがだいたい同じくらいなので、どちらにも出かけやすいという大きなメリットがあります。

高槻市といえば全国的に有名なのが今城塚古墳で、全国的にも大変めずらしい埴輪祭祀場を有する埴輪の街として国内外から観光客を誘致しています。

市のキャッチフレーズが「水とみどりの生活文化都市」となっているのもこの古墳や遺跡を数多く有する土地柄が関係をしており、豊かな自然と住みやすい土地がある場所として主に大阪や京都市街地のベッドタウンとして数多くの人が暮らしています。

なお市内70%以上の土地が市街地調整区域となっており、山林や緑地、農地として保全をされるよう定められています。
ですので今後大規模な都市開発がされるということはなく、長期的にのんびりとした環境で生活をしたい人にとてもおすすめです。

住環境の良さが高槻市の特長

高槻市は関西圏の中では比較的地味な都市であり、住みたい場所ということでいくとどうしても大阪市内中心や神戸市、京都市といったところに隠れてしまいがちです。

しかし家族でマイホームを買ったり、関西圏に長く住みたいという人にとって高槻市は非常に住環境がよく、安心して住むことができる街として地元の人からは高い評価を受けています。

最初に述べたような事情による環境保全もそうですが、他に医療体制の充実や、生活に必要なお店や施設が市内にまとまって存在しているという街としてのまとまりが非常にしっかりしているところが特長だからです。

アクセス環境も電車だけでなく道路がしっかり整備されているので、車を所有している人ならかなり移動がしやすくなっています。
家賃相場も市街中心地と比較するとかなり安めなので、思い切って住宅を購入するという人にとっても重要な候補地となることでしょう。

何かと治安面で不安視されることが多い大阪にあって、この高槻市は非常に犯罪発生率が低いというところもファミリー世帯にとってはありがたいところです。

JR高塚駅周辺および阪急高塚市駅周辺には大型の商業施設も出店しており、買い物のためにわざわざ大阪市や京都市に行かなくても十分に必要な品物を購入することもできます。
北摂地域では最も利便性が高い商業地域として整備をされていることから、市外から訪れる人も多く見られます。