ペット不可の賃貸でペットを飼うのは絶対にNG?

ペット不可の賃貸でペットを飼うのは絶対にNG?

基本的にはだめだけど……

昔は賃貸物件というと、ペット不可能という物件ばかりで、通常賃貸では犬も猫も飼えないといわれていました。
でも昨今、日本は一大ペットブームです。
幅広い年齢層の方々がペットを飼われていますし、家族同様にかわいがっています。

ペットは飼えないと思っていても、外で捨て猫が鳴いているのをみれば、動物好きな人はそのままにしておくことなどできないでしょう。
でも賃貸物件の管理を行っている業者によっては、ペットを黙って飼っている場合、即退去してもらうなど厳しい規則を設けているところも多いです。

緊急として当日だけ助けても、翌日には猫をほかのところに持っていくようにといわれることもあり、周りに知っている人がいるとか、実家があるということならまだしも、途方に暮れてしまう方も多いでしょう。
怪我をしていたり弱っている状態で、外に放り出すことなんてできません。
そんなとき、実は助けてくれるところがあるのです。

猫は特に不可?

犬はいいけれど猫は不可、という物件、非常に多いです。
同じ動物なのにどうして犬がよくて猫がダメなの?と疑問を持つ方も多いと思いますが、それは動物のもっている習性に違いがあるからです。

猫はスプレーといって自分のにおいをつけるため、盛りが付くと壁などにオシッコをそれこそスプレーするように飛ばします。
少量でも匂いがあるので賃貸物件では困りものです。
雄猫の習性なので去勢することで治りますが、そのほかにも、猫はダメ!といわれてしまう要因があります。

それは爪とぎです。
ダンボールでできている爪とぎなどを置いてあっても、なぜか壁でがりがり……猫ちゃんによっては絶対に壁をがりがりしてしまいます。
住居に傷をつけてしまうことが多いということから、犬はよくても猫はダメ、という賃貸物件が多いのです。
賃貸物件でペットを飼うことができない、でも、弱っている猫ちゃんを外に出すなんてできない、黙って飼うこともできないし隣にばれたらこまるし……こういう時、利用できるねこねこ110番というありがたい相談場所があります。

時間を稼ぐ、交渉する

ねこねこ110番は、賃貸でペット不可だけど怪我をしている猫を部屋に入れてしまった、かわいくてつい連れてきてしまったなど、賃貸物件でペットを飼うことができないと悩む方の多くが相談されています。
例えば猫を部屋に入れたことでいきなり強制退去など通常行われない事、できれば交渉して、壁など出ていくとき全部治すと条件付で飼うことを許してもらうこともできたケースがある事、猫の里親を探す時間を稼ぐこと、最終的に引っ越しなどの提案をしてくれます。

大家さんに少しの間だけ、里親さんが見つかるまで……と素直に話に行き、待ってくれたというケースもあります。
小さくなって生活するのではなく、こうした相談場所に連絡し、解決方法がないか、暮らしている環境やその賃貸物件の契約などを確認しながら相談に乗ってくれるので、これは、猫を飼えずに悩む方にとって救世主となる可能性があります。
一人で悩んでいないで相談してみるといいでしょう。