【千葉】本八幡に住むメリット・魅力

千葉県葛南地域の人気の住宅エリア

千葉県北西部にある葛南地域でも人気のたかい住宅エリアとなっているのが本八幡です。
本八幡は千葉県市川市の主要部で、JRは総武本線の本八幡駅周辺を特にそのように呼んでいます。

本八幡は市川市のちょうど中心あたりにあり、西側に向かうと江戸川を挟んですぐに東京都江戸川区です。

住民のうち46.5%が東京都特別区へ通勤しているということもあり、千葉県を代表するベッドタウンとなっています。

市川市の人口は約48万人と千葉県第3位の数で、交通利便性と住宅環境の良さが関東圏でも高く評価をされています。

千葉県内を対象にした「住みたい街」アンケートでは僅差で隣の船橋市には負けているものの、千葉県内では絶大な人気です。

本八幡はJR線の他、京成本線および都営新宿線が乗り入れしています。
ちょうど3本の路線が交差する位置にあるということから周辺には住宅エリアが充実しており、一人暮らしからファミリーまで幅広く快適に過ごすための環境が整えられています。

本八幡の場所の覚え方としてよく言われているのが、「浦安と船橋の中間地点」です。
場所もそうですが、浦安のレジャー性と船橋の巨大な住宅地の中間というイメージはまさにそのまま本八幡らしさとなっています。

駅前の巨大商業施設が利便性を高めます

本八幡駅前はかなり多くの巨大な商業施設があるので、買い物に困るということはまずありません。
特に北口駅前周辺には高級ファッションやチェーン系カフェなどが複数テナントで入っている「パティオ本八幡」が目立ちます。

すぐ近くには「八幡ハタビル」というTSUTAYAや居酒屋チェーンが入った建物もあるので、毎日の生活で立ち寄る利便性はかなり高いと言えます。

大型商業施設ばかりでなく、駅前から住宅地に向かって伸びている「八幡一番商店街」は今も活気のある全国的に珍しい場所となっており、地元民らしいふれあいを感じることもできるでしょう。

近年住宅地として大規模都市開発がされているということもあり、本八幡周辺には新築のタワーマンションも多く建築されています。

最も開発が進んでいるのは京成電鉄とJR線の間の地域で、特に京成電鉄京成八幡駅からJR本八幡駅までを繋いでいる幹線道路沿いには沢山の大型ビルが並びます。

再開発は単に大型化がされるだけでなく建築構造も最新式のデザインが取り入れられているので、ビルの間の歩道を歩くと近未来感が感じられるでしょう。

以前より住民の多くが利用してきた「シャポー本八幡」は大改装をしており、順次リニューアルオープンを内部でしています。

子育て中の家族にも便利なようにリニューアル後の建物にはベビールームなども充実しているのが特徴です。